thumbnail_DSC_0089[2]
2019年4月読書会ご案内


日  時: 4月27日㈯ 13:00~(毎月第4土曜に行います)
場  所: miraie(みらいえ) 会議室2
      (兵庫県西脇市野村町茜ケ丘16番地の1)
      

     http://www.city.nishiwaki.lg.jp/miraie/ 

     アクセス http://www.city.nishiwaki.lg.jp/miraie/about/access.html
 

持ち物: 「シルバーバーチの教え(上)(下)」、「霊的新時代の到来」
      2月読書会の資料、筆記用具
参加費: 無料
申込方法:<【播磨シルバーバーチ読書会】 ご案内>2019.1.12 の記事をご覧下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
thumbnail_DSC_0099[2] (2)
2019年3月読書会記録

---------掲載する内容はスピリチュアリズム普及会の許可を得ています---------

今月も2月に引き続き【死生観】について学びました。
世界宗教のイスラム教と仏教について、特徴や宗教史そして死生観等について少し詳しく学びました。
その後、ユダヤ教、アジアの宗教、神道を含めた日本の宗教についても概要を学びました。
各宗教が示した他界観・来世感を知ることは、真理を理解する上で、また真理を普及する上で必要なことです。

シルバーバーチがバーバネルを霊媒に育てる際、真理を理解させる為に多くの宗教を学ばせました。
それは、私達にも言えることです。地上の主な宗教の内容を知ることによって多角的に真理を捉えることができる様になります。そして真理を深く理解できます。
また、スピリチュアリストの中には、宗教の霊的牢獄に閉じ込められている地縛霊を説得する仕事をする人がいるかもしれません。 

人を救うはずの宗教が、人を救えませんでした。
それは、いずれの宗教も死の真実を知らなかったところに原因があります。
すなわち霊的無知であるということです。
真実の霊的知識を持たないがゆえ、死後に対する恐れが付きまとい、熱心な宗教者ほど自身が死後天国に行けるのか?地獄に行くのではないか?と悩むことになり、そういったことが宗教への狂信・盲信を招きました。

また、現代人には、従来の宗教の説く死についての教えは説得力がなくなっています。
現代人の理性を納得させることができるものは、真の霊的知識です。

今月の学習内容も2月同様、時間が足りない膨大な量の内容でした。
次回4月は死生観の最後の回となります。
スピリチュアリズムの死生観、シルバーバーチの死生観、死に類似した現象――幽体離脱・臨死体験・睡眠、死に関する様々な問題――自殺・安楽死・延命治療・脳死と臓器移植ほか、葬式と墓について、具体的に学習していきます。

神の見守る中で、あり余るほどの霊界の応援を得て、勿体ないくらいの時を過ごせたことを感謝申し上げます。


【感想文】
今日もありがとうございました。前回に続いて世界宗教について学びました。キリスト教、イスラム教、仏教、ユダヤ教、神道などについて各々の宗教の性格・信者の数、成立時期、創始者、信仰対象、聖典、儀礼・戒律、特徴、行事、信者のための施設、聖地、おもな宗派、について学びました。今回の内容も膨大なものでした。地球上の主な宗教の歴史を学んだと思います。このことを土台にして、これからも真理を学んでまいります。最後に熱心な宗教者の悩み、従来の宗教では現代人の理性を納得させることはできないこと、従来の宗教の霊的無知(死の真実を知らないこと)から心から救われることはないと学びました。きっと次回でスピリチュアリズムの登場から真実の宗教とは、を学べると思います。期待しております。                      (70代女性)